• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

出産準備!妊婦さんにもオススメの運動とは?①〜ウォーキング〜

a1 2019年7月25日 木曜日

 

安産には欠かすことができない妊婦さんの体力づくり。大切な出産準備と言えますね。しかし何か運動をしようと思っても、具体的にどんなことをしていいのか、イメージがわかない人もいるのでは?

そこで、妊婦さんにもオススメできる運動をご紹介したいと思います。今回はウォーキングです。

 
 
【手軽で安心のウォーキング(お散歩)】

 

手軽で安全な有酸素運動といえばウォーキングです。妊娠前に有酸素運動を行なっていなかった方でも安心して取り組めると言えるでしょう。

暑い夏であれば朝や夜に、寒い冬であれば日中に、お散歩を兼ねてウォーキングをすれば、いい気分転換にもなります。

仕事をしている人であれば、いつもより一駅手前で降りて自宅まで歩いてもいいでしょう。

 

 

【妊婦がウォーキングの際に持っておいた方が良いもの】

 

特に一人でウォーキングをする場合は、携帯電話、健康保険証、母子手帳、診察カードなどを忘れずに携帯するようにしてくださいね。

また、水分補給も忘れずに行いましょう。

 

 

【犬のお散歩はできる?】

 

犬と一緒でもゆっくりと歩けるのであれば問題はないでしょう。犬と一緒であれば、習慣としても続けやすいですよね。

しかし注意も必要です。躾が行き届いた犬であっても、突然走り出すといったことがないとも限りません。もともと走ることが多い犬の場合や、お腹が大きくなり転びやすいと感じている場合などは、他の人に任せた方が安心です。

 

また、妊娠前は40分〜1時間程度連続でお散歩をしていたという人も、適度に休憩を挟むようにしましょう。疲れたなと思うよりも前に少し休憩すると良いですよ。

 

 

【妊娠前よりはゆっくり歩く】

 

お買い物をしながら歩いたり止まったり、だらだらと歩くのはよくありませんが、競歩のように早く歩くというわけでもありません。

妊娠前に歩いていたスピードより、少し遅いくらいのスピードで歩きましょう。15分20分と歩いても、心拍数が上がらない程度のスピードを意識してください。

普段あまり歩いていなかったという人は、まずは15分からスタートし、少しずつのばしていくといいですね。

 

ウォーキングはできるだけ毎日続けることが理想ですが、週3~4回でも十分に効果は見込めるようです。

 

 

【最後に】

 

ウォーキングには股関節を柔らかくするという効果も見込めます。

股関節の柔らかさは安産に直結するといいますから、妊婦さんには嬉しい効果です。

妊婦さんで運動を取り入れようと思う方は、まずは手軽なウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。


ページのトップヘ