• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

出産準備!妊婦も運動をして体力づくりをしておこう

a1 2019年7月19日 金曜日

 

出産には、想像以上に体力を使うもの。妊婦さんに激しい運動は厳禁ですが、全く運動をしてはいけないわけではありません。それどころか適度な運動をし、出産に備えて体力づくりをしておく必要があります。

そこで今回は、妊婦さんの体力づくりについてご紹介します。

 

 

【なぜ体力づくりが必要?】

 

<出産に必要な体力をつける>

冒頭にもご紹介したように、出産では大変の体力を消耗します。そのエネルギー消費量は、フルマラソンにも匹敵すると言われています。

フルマラソンなんて走ったことがない!という人の方が多いですよね。

それを聞いてわかるように、相当の体力が必要となるのです。

 

<安産に近づける>

適度な運動で体力をつけ、体を柔らかく保つことは安産につながります。

 

<体重増加を抑えられる>

妊娠中に急激に太ってしまうという人も多くいます。適度な運動で体力づくりをすることは、余分な体重増加を抑えることにも効果があります。

体重が増加しすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの病気になってしまう可能性が高まり、母子ともに危険晒されてしまいます。

また、太り過ぎは産道を狭くしてしまい、難産になってしまう可能性も高まるのです。

 

<マイナートラブルが軽減される>

妊娠中は便秘や腰痛、むくみやこむら返りなどのマイナートラブルに見舞われます。運動は、これらの症状の軽減にもつながるのです。

人にもよりますが、軽い運動であればつわりの軽減にもつながる場合があるようです。

 

 

【妊婦が運動していい時期とは?】

 

実は、体調が悪くなければ、基本的に歩いたりヨガをしたりといった軽い運動は妊娠期間中にいつでも行って大丈夫だと言われています。

とはいえ、妊娠初期は色々と不安になることも多いですし、つわりがひどくてとても運動する気になれないという場合もあるでしょう。運動することで不安が強くなるのであれば、無理に運動する必要はありませんし、体調が悪い場合も同じくです。

ただし長引くつわりの場合、先ほどもご紹介したように、散歩などの軽い運動で気分転換をするとつわりが軽減されることもあります。

 

もちろん、切迫流産や切迫早産の兆候がある場合などの運動は厳禁ですよ。

自分のペースに合わせて、無理のない範囲で運動をしてください。

 

 

【最後に】

 

体力づくりというと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、日々の生活の中に少し運動の要素を取り入れるだけでも良いのです。

妊娠中は身を守るためにできるだけじっとしようと思ってしまったり、なんだか動くことが億劫になってしまったりすることもあるでしょう。

ちょっとした運動は体にとって必要なんだと、意識するだけでも随分違うと思います。ぜひ、心に留めておいてくださいね。


ページのトップヘ