• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

便秘予防にも効果◎妊婦さんは1日2Lの水分補給をしよう!

a1 2020年11月1日 日曜日

 

妊婦さんの多くが苦しむマイナートラブルである便秘。でもお腹で赤ちゃんを育てているので、妊娠前に飲んでいた便秘薬は飲むことができません。そのため、対処法に悩む妊婦さんも多いでしょう。薬以外の対処法は色々とあるかと思いますが、その中でも簡単に取り組めるのが十分な水分補給。今回は妊婦さんの水分補給についてご紹介します。

 

 

【妊婦さんの水分摂取目標は1日2L】

 

妊婦さんが1日にとりたい水分の量は2L。水分は普段からよく飲む人とそうでない人の差が大きいので、「それくらいは飲んでいるよ」という人もいれば「全く足りていない」という人もいるのではないでしょうか。

2Lのペットボトルをイメージしてもらうとわかるように、あまり飲まない人であればかなり意識的に飲まないとクリアできない量ですよね。

ただし、全てを飲料として摂取するというわけではなく、お味噌汁やその他の食べ物に含まれる水分も含めての摂取目安になります。

 

つわりがひどい妊婦さんは、嘔吐によって特に水分が不足しがちです。できるだけ多めに水分をとるようにしたいものです。

 

 

【お水やノンカフェインのお茶で摂取】

 

水分と言っても、なんでも良いわけではありません。アルコールがN Gなのはもちろんですが、カフェインを含んだ飲み物、甘い清涼飲料水などを避け、お水やノンカフェインの麦茶・ハーブティーなどで水分を摂取するようにしましょう。

 

 

【温度は常温か温かいものを】

 

妊婦さんに冷えは大敵です。水分をとる時は常温か温かいものにしましょう。冬場は常温で保存している水でも冷たいことが多いですので、お湯を沸かして少し混ぜてから飲むようにすると良いでしょう。

 

 

【便秘には朝一番にコップ一杯の水が効果的!】

 

便秘解消のためには十分な量の水分摂取が必要なわけですが、飲むタイミングにもポイントがあります。それは朝一番です。

朝一番にコップ1杯の水を飲むことで水が胃に届き、その重さで大腸が刺激されて腸のぜんどう運動が活発になります。できるだけ一気に飲み干した方が効果的なようです。

 

 

【水分摂取は血液もサラサラに!】

 

十分な水分摂取は便秘に良いだけではなく、血液もサラサラにしてくれます。赤ちゃんにサラサラの血液を届けるためにも、水分摂取は重要なポイントとなりますね。

 

 

【最後に】

 

便秘がひどくなると、吐き気がしたり頭痛がしたりといった別の症状が出てしまうことがあります。そのような状態にならないように、日々の水分摂取を習慣づけ、少しでも便秘予防に努めてくださいね。


ページのトップヘ