• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

食欲の秋!食べ過ぎ防止方法と妊婦にオススメの食材とは?

a1 2019年10月7日 月曜日


 
涼しくなったかと思ったら、まだ暑い日があったり、なかなか気温が定まりませんが、食欲の秋は確実にやってきていますよね。今年はサンマの漁獲量が少ないそうですが、秋は他にも美味しい食材がたくさんあります。

夏バテした体も少し元気を取り戻し、食欲が湧いてくるこの季節、妊婦さんが食べ過ぎを防止する方法と、オススメの食材をご紹介します。

 
【妊婦はただでさえ食欲旺盛。どう抑える?】

 

個人差や、時期にもよりますが、妊婦さんは妊娠前よりも食欲が増すことが多いですよね。どんな季節でも増している妊婦の食欲に、食欲の秋の食欲が追加されたら、大変なことになってしまうかもしれません。

食べ過ぎによる体重増加を抑えるためにできることを、ご紹介します。

 

①食事の回数を増やし、こまめに食べる

食欲を抑えるために有効なのは、食事の回数を増やすことです。全体の食事量は増やさずに、朝昼晩の3回から5〜6回程度に増やすことで、一度に大量に食べるのを防ぐことができます。また食事の間隔を狭くすることによって空腹の状態を防げるので、血糖値の上昇を防ぐことができます。これにより体脂肪の蓄積を抑えることができるというわけです。

 

②食べる順番を考える
好きなものから食べる人、まずは汁物から食べる人、食べ方の好みはそれぞれあると思います。でも、ここで食べる順番に一工夫することで、食べ過ぎを抑えることが可能です。

それには、まず野菜から食べること。そして次に肉や魚などのメイン料理、最後がご飯などの炭水化物です。

炭水化物って本当に美味しいですよね。ついつい食べ過ぎてしまいます。

炭水化物をはじめから食べてしまうと、ついおかわりをしてしまいたくなりますが、そうするとカロリーオーバーになってしまいがち。また、満腹中枢に刺激が行くまでに、おかわりをしてしまうという側面もあるのです。

低カロリーの野菜から食べ始めることで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

 

【妊婦に特にオススメの秋の食材とは?】

 

まず、冒頭に出てきた「サンマ」については、葉酸が含まれているため妊婦さんに特にオススメです。タンパク質も豊富ですよ!

 

続いてのオススメは「カボチャ」です。かぼちゃは免疫力アップに役立つ野菜ですので、季節の変わり目で体調を崩しがちな今にぴったりですね。かぼちゃを使った甘味を控えたスイーツを作ってみてもいいかもしれません。

 

最後は「きのこ」です。きのこは低カロリーで、歯ごたえもあり、カサ増しができます。いつものメニューにキノコを加えて調理してみてはいかがでしょうか?

 


ページのトップヘ