• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

私と音楽

a1-iryou 2015年4月27日 月曜日

EVERYONE 事務局のピカード艦長ことおくだです。

 

これまでに、マンガや映画の自分史みたいなものを語ってきましたが、さて音楽は私にとってどんなものだったのでしょう?

 

世の中には絶対音感をもつ人がおられますね。私も何人かの絶対音感ホルダーと出会い、大いにうらやましくおもったものです。何故なら私はどちらかというと絶対音痴のぶるいだからです。

 

音痴だけど、音楽が好きというのが私流の音楽スタイルです。

 

私は七人兄弟の末っ子で長兄とは十五歳も離れていますので、幼少~低学年のみぎりは結構ラジオというメディア(テレビは未だ存在しなかったので)を通じて終戦後にはやった歌謡曲や演歌に親しんでいました。

 

高校で音楽か美術を選択することになり、一年生のときは、音楽を選択しましたが、音楽の先生が、音楽を楽しむというより、音痴はその存在を許さないというような男の先生で、一人ずつ歌わせる授業があり、「夢見る人」を選んだ私は、何度もピアノをとめて睨み付ける先生のお蔭で、音楽に対するトラウマが出来てしまいました。二年生からは美術に選択を替えて、楽しいエンタメ時間を過ごすことが出来ました。

 

もし、このまま、音楽と縁を切っていたら、音楽残酷物語で一生を終えるところでしたが、生来音楽好きだったのでしょう、そのトラウマもやがて薄らいでいきました。

 

ボーイ・スカウトの野外生活では歌はつきものでしたし、フォークソングなんかも楽しみました。大学生時代はトリオ社のアンプにスタックスのヘッドフォーンでジャンルを問わず聞き入っていました。北島三郎のなみだ船からグレン・グールドのゴルトベルク変奏曲まで涙なしには聴けませんでした。大人になっても酒とカラオケは人並みにやりました。音痴ぶりはそんなに改善は見られませんが、少しはうまくなったのでは(?)とひそかに思っています。(笑)それでも、私の音楽ライフは大変乗り遅れている感が今もあります。

 

そんな私の音楽人生を変えてくれた事件が二つあります。ひとつは不思議なご縁で、オルケスタ・デ・ラ・ルスがグラミー賞にノミネートされたときに、お供させて頂いたこと、その際、メンフィス(グレイスランド含む)、ナッシュビルのグランド・オール・オプリ、ニューオーリンズとレンタカーで音楽の旅をしたこと。もう一つは今から12~13年前にiPodを入手し、リアルタイムで聞き損ねた音楽を聴きまくっています。

 

 

 


ページのトップヘ