• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

【温活のススメ】妊活中に冷えは大敵!寒い冬に体を温める方法とは?

a1 2021年1月13日 水曜日

 

冬至を過ぎ、日は少しずつ長くなっていくものの、まだまだ寒さは続きますよね。部屋にいても、手足が冷えて冷たくなってしまうこともあると思いますが、妊活中に冷えは大敵。妊活には温活が有効です!

そこで今回は、少しでも体を温められる方法をご紹介したいと思います。

 

【温活とは?】

 

温活とは、基礎体温を最適な温度まで上げるための活動のことです。

現代人は、昔の人と比べて体温が0.5℃~1.0℃ほど低い傾向にあるそうです。冷えは婦人科系の問題を引き起こすだけではなく免疫力も低下させてしまうため、基礎体温を適性温度に保つことは、どんな人にとっても健康を維持するのに大切なポイントとなります。

 

 

【首・手首・足首を温めよう!】

 

首とつくところを温めると、身体が温まりやすいことをご存知ですか?

首・手首・足首は動脈が体の表面に出てきている場所であり、服の首元、袖、裾から冷たい風が入り込んできやすいので、体を冷やしてしまいやすい箇所なのです。

例えばマフラーを一枚巻くだけで、セーターをもう一枚着たくらいに温かく感じます。

寒いと感じたらマフラーやスヌードを巻いたり、手袋をしたり、レッグウオーマーや靴下を履いたりして、首・手首・足首を温めましょう。

 

 

【お腹を温めよう!】

 

温活では、特に下半身を温めることがポイントとされています。先ほどご紹介した足首もそうですが、お腹をしっかりと温めると効果的です。身体の中心部分にあるお腹を温めることで、全身が温まって代謝が良くなると言われています。

腹巻などで温めてあげるのも良いですし、骨盤周りの筋肉を鍛えることでお腹の冷えを解消することができますよ。

 

 

【湯船に浸かる】

 

仕事に、家事に、妊活に…と日々忙しく過ごしていると、シャワーで済ましてしまうことも多いかもしれません。しかし、身体を温めるためには、しっかりと湯船に使うことが大切です。

冷え性の改善に特におすすめなのは、半身浴です。38〜39℃くらいのぬるめのお湯を少なめに入れて、20〜30分ゆっくりとつかりましょう。

アロマオイルを入れて香りも楽しめば、さらにリラックスすることができますよ。

 

 

【足や手をマッサージする】

 

身体全体を自分でマッサージすることはできませんが、手のひらや足の裏、腕や脚のセルフマッサージはできます。お風呂上がりにマッサージをすることで全身の血行が良くなり、身体が温まりますよ。


ページのトップヘ