• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

産後ダイエットと併せて利用したい産後の下着について

a1 2021年3月25日 木曜日


 

妊娠中は赤ちゃんを守るために脂肪を蓄えた状態です。人によっては、必要以上に脂肪がついてしまうこともあり、産後ダイエットに取り組む人も多いです。

その産後ダイエットの際に併せて利用したいのが産後の下着。時期や体にあった下着を活用することで、産後の体型を早く戻すことができるでしょう。

今回は、そんな産後の下着についてご紹介します。

【産後のブラジャーの選び方】

 

産後のダイエットは、体重を落とすことだけが目的ではなく、ボディラインを元に戻すことも大きな目的。ブラジャー選びも大切ですよ。

 

<バストに合ったサイズを選ぶ>

産後は、妊娠中ともサイズが異なってきます。産後すぐは難しいと思いますが、落ち着いたらバストサイズを確認し、バストにあったブラジャーを選ぶようにしましょう。妊娠中に、授乳に対応したブラジャーを使用していた場合も、サイズが合わなくなっていれば買い替えましょう。無理にバストを押さえつけるのは良くありませんし、大きすぎても形が崩れてしまいます。

 

<バストをしっかり支えるブラジャーを選ぶ>

着用が楽で、簡単にずらして授乳をすることができるため、カップ付きのキャミソールを利用する人は多いです。しかし、バストのことを考えると良くありません。母乳で大きくなったバストを支えるには不十分であることが多いです。授乳機能がついたブラジャーでしっかりバストを支えましょう。

母乳が漏れることがあるので、母乳パッドを入れることも念頭に置いて、ブラジャーを選んでくださいね。

 

 

【産後ガードルの選び方】

 

産後用ガードルを着用すると、おなか・ウエスト・ヒップ・ふとももを引き締めてくれるとともに、骨盤もサポートしてくれます。産後1ヶ月頃、体調が落ち着いてきた時から着用しましょう。

<ウエストとヒップサイズに合わせて選ぶ>

ウエストとヒップサイズを測って、サイズにあった許容範囲のガードルを身につけましょう。メーカーによって許容範囲には重なりがあり、そのサイズに当てはまる場合は、大きい方のサイズを選びます。

またメーカーによって、妊娠前からの体重増加量によって選ぶ場合もあります。例えば、8kg未満であれば妊娠前と同サイズ、8kg以上11kg未満であれば1サイズ上、11kg以上であれば2サイズ上を選ぶといった形です。

購入を検討しているメーカーのサイズ目安をよく確認しましょう。

 

産後すぐにサイズを確認するのが難しいと考える場合は、8ヶ月頃の体重で予測をして購入することもできるようです。

 

 

<ストレッチ性のある産後専用ガードルを選ぶ>

体型を整えるためのガードルはたくさんありますが、産後専用のガードルがやはりおすすめです。サポート力がありながらストレッチ性もあり、負担がかかりすぎません。普通のガードルに比べてハイウエストタイプが多く、おなかの全体を包み込んで見た目もスッキリしますよ。

 


ページのトップヘ