• ホームページトップへ
  • エブリワンの特徴
  • 保険料について
  • 妊娠中・持病をお持ちの方
    • ご妊娠をされた方へ
    • うつ病と診断された方へ
    • 既往症でお悩みの方へ
  • よくあるご質問
  • 会社情報

スタッフブログ

嫌がる赤ちゃんに一苦労!薬の飲ませ方とは?〜シロップ剤とドライシロップ剤②〜

a1 2018年5月1日 火曜日

 
赤ちゃんが体調を崩した時、少しでも早く良くなってもらうためにも、お薬を飲ませることがあると思います。でも、思い通りに飲んでくれないのが赤ちゃんですよね。前回に引き続き、今回も嫌がる赤ちゃんにお薬を飲んでもらうための対処法をご紹介します。

 
対処法④ドライシロップ剤(粉薬)は水を少し加えて練り、頰の裏側にくっつける
 
液体の薬を飲ませるのが難しい場合、粉薬を少しの水を加えて練り、柔らかい固形物にして赤ちゃんのほおの裏側にくっつけてしまう方法があります。お口の中に指を入れることになるので、手はきれいに洗って清潔な状態でおこなってくださいね。
 
対処法⑤食べ物に混ぜる
 
どうしてもお薬だけで飲んでくれない場合は、食べ物に混ぜるという方法もあります。お薬によって水以外に混ぜると味が変わってしまったり、成分が変わってしまったりする可能性があるので、お医者さんに確認してからにしましょう。
お薬を混ぜて食べさせたものが赤ちゃんにとって不快なものとなれば、その食べ物自体や、食事自体が嫌いになってしまう可能性もあります。十分に注意してからこの方法をとったほうが良いでしょう。
 
対処法⑥お薬を凍らせる
 
液体状の薬を凍らせてしまう方法です。同じお薬でも、シャーベット状や氷状になることで赤ちゃんが喜んで食べてくれることがあります。ただ、こちらも凍らせることでお薬の効果を下げてしまう可能性がありますので、お医者さんに確認するようにしましょう。また、お薬は少量なので大丈夫だとは思いますが、冷たい食べ物の与えすぎにも注意してくださいね。
 
対処法⑦親が美味しそうにお薬を飲むふりをする。(お気に入りのぬいぐるみに飲ませる)
 
テレビのリモコン、携帯、財布・・・大人がよく手にしているものに興味を持つ赤ちゃんは多いです。同じように大人が薬に興味を示したり、美味しそうに飲もうとしたりすることで自分も飲みたい!という気持ちになるかもしれませんよ。お気に入りのぬいぐるみに飲ませているフリをするのもいいでしょう。
 
対処法⑧赤ちゃんが他のものに夢中なうちにお薬を与える
 
何か知らないものを与えられる!ということを嫌がっていることも多いです。そんな時は、テレビや遊びに夢中なうちに、そっとスポイドや注射器でお口の中にお薬を入れてしまいましょう。あまり気にせずごくん、と飲み込んでしまうなんてこともありますよ。
 
いかがでしたか?
一番大切な、「用法用量を守ってきちんとお薬を摂取させること」を目標に是非いろいろ試してみてくださいね!きっと赤ちゃんにあった、うまくいく方法が見つかると思いますよ。


ページのトップヘ